マッドハッターの保存の壺のツボ

10982
注意書き(必ずお読み下さい) 誹謗中傷侮辱、個人情報の漏洩、悪質な宣伝行為(スパム)等、公序良俗に反する書き込み及び画像投稿は禁止です。 管理人が不適当と感じた書き込み、画像は予告無く削除、および投稿者のアクセスを禁止することがあります。投稿画像に関する著作権等の責任は負いかねますので全て自己責任にて投稿下さい。また、管理人が不適当と感じたアクセスも予告なく制限させていただく場合があります(←理由は色々♪)自信の無い方はHOMEをクリックしてトップページにお戻り下さい。 と、一応書いておきます^^
*********現在日記は基本的にブログに移行させていただきました。ご意見等ある方はもちろんこちらにもお書き込みいただけます*********
http://preservationpotblog.blog137.fc2.com/
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

誰にもいいたくなかったけど、もう我慢できなくて。 - saena URL

2014/09/14 (Sun) 22:37:45


私のことを誰も知らないかもしれませんが、それでもいいんです。
働けど働けどこの暮らし楽になれず、だったんですけど。
こんなものがこの世にあるなんて衝撃的でした。
苦しかった生活が一変しました。
これで夜の学校を辞めなくてすみます。
誰かにこのことを伝えたくてこうして書きました。
もしもあなたも困っていれば、いますぐ連絡してみてください。

指輪のホテル - テノムフ

2011/08/24 (Wed) 12:29:08

http://www.narinari.com/Nd/20110816126.html
http://hobbithouseofmontana.com/

こんな記事があって、超円高のうちに、是非泊まってきていただきたいと思いました・w・

Re: 指輪のホテル - マッドハッター

2012/06/14 (Thu) 22:05:54

おぉ、こんばんは(汗)
いやー申し訳ない。
ブログ始めてからこっちを殆どみていなかったので返信がものすご~~~く遅くなってしまった><

紹介ありがとうございます。
円高…確かに海外旅行するにはいいですね。

…一緒に行く相手がいないんだが(笑)
お金もあまりないけどね><

2011年ビールを呑んで宇宙へ行こう! - テノムフ

2011/07/21 (Thu) 09:18:38

どもです。

毎年恒例ビアガーデン友の会(通称;藤井鎮魂祭)を開催いたしますので、ご都合があいましたらどうぞご参加くださいませ。

<開催概要>
日時:2011年7月31日(日)18:00~21:00
場所:いつもの神仙閣(大阪駅前第1ビル屋上)
会費:男女共3500円

Re: 2011年ビールを呑んで宇宙へ行こう! - マッドハッター

2011/07/23 (Sat) 22:44:45

んばんは^^

久しぶりですね。
お元気?ご家族は健やかにされておられますでしょうか??

藤井鎮魂祭…(笑)
参加したいのは山々なのですが、ちょっと無理っす。
いつもお誘いいただいているのに申し訳ない。
皆様に宜しくお伝え下さい。
って誰が参加するのだろう(笑)

めちゃ暑いですね~。
大阪や京都の暑さに比べたらまだましなのかな~。
もんじゅの部品引き上げが成功して何よりでした^^(謎)

Re: 2011年ビールを呑んで宇宙へ行こう! - テノムフ

2011/07/24 (Sun) 23:51:18

家族はいまんとこ大過なくすごしております。
ありがとうございます。


鎮魂祭の参加メンバーはmixiにあがっておりますので、一度ご確認くださいませ。
なんだかんだで、毎年ビアガーデンで慰霊しておりますです。

Re: 2011年ビールを呑んで宇宙へ行こう! - マッドハッター

2011/07/28 (Thu) 23:41:24

mixiはアカウント持ってるけど殆ど見てないんですよね…
なんとなく肌に合わなくて^^

毎度お誘いいただきありがとう。
懲りずにまた誘ってやって下さい><
行けるときには是非参加させていただきたいと思います。

2011年新年会 - テノムフ

2010/12/23 (Thu) 22:56:07

たいへんご無沙汰しております。
T93ノムラ(現テノムフ)です。


日程はまだ未定ですが、来年1月に大阪で新年会を行います。
ご都合がよろしければ、ご参加いただければ幸甚に存じます。

Re: 2011年新年会 - マッドハッター

2010/12/24 (Fri) 23:38:48

テノムフ氏お久しぶり。
元気っすか?

新年会ですか~。いいですな。
しかし、大阪か…う~む。
正直無理そうですが、よろしければ日程等煮詰まったら教えてくださいな。
検討してみます^^

しかしHPURL変えていたのによくここがわかりましたね。
HPタイトルで検索すればすぐにわかるか^^

大学の時の友人にも最近ほとんど連絡とってないな~><
皆さんにも宜しくお伝え下さいまし(笑)

Re: 2011年新年会 - テノムフ

2010/12/25 (Sat) 14:33:40

>日程等煮詰まったら教えてくださいな。

了解デス。
今のところ1月23日が濃厚です。
なんだかんだで、花見、夏のビアガーデン、新年会は開催しておりますので、またご都合のいいときに来阪いただければ幸いです。

そういえば、徳○市って合併して名前なくなったんですねー。最近知りました。

ではでは。

Re: 2011年新年会 - マッドハッター

2010/12/25 (Sat) 23:54:48

>今のところ1月23日が濃厚です。
了解です。でも多分無理だと思うよ。
せっかく誘ってくれたのに申し訳ない><

大阪方面に伺うことがあれば、またご連絡しますね。

>徳○市って合併して名前なくなったんですねー
そうなんですよ。平成大合併!(笑)
そーいえばテノムフ氏は出張でこっち来たとき店に寄ってくれたんだっけ。
「金魚が店番してた」って言ってたね(笑)
また出張でこちらに来られることがあれば、ご連絡下さいね。

Re: 2011年新年会 - テノムフ

2010/12/29 (Wed) 13:47:41

今年は不幸にも水害があったときに、
下関へ仕事へ行っておりました。


新幹線の窓から見えた光景は、ほんと悲惨だったですー。


店番、確かにそう言ってました!!
たしか、おばあさんと金魚がいたような。
何か買ってかえったような。きんつばだったかしらん。
 

あんまり機会はないのですが、近くにいくことがありましたら、またお伺いいたします。

Re: 2011年新年会 - マッドハッター

2010/12/31 (Fri) 00:46:25

>あんまり機会はないのですが、近くにいくことがありましたら、またお伺いいたします。
よろしく^^

大したこと無いので、削除してないけれど、BBSでは具体的な地名(市町村レベルぐらいかな?)とかなるべく出さないでね。
一応匿名?でやってるので(笑)
これもよろしく^^

Re: 2011年新年会 - テノムフ

2011/01/26 (Wed) 09:05:44

もろもろ失礼いたしました。


新年会はおかげさまでなんとか無事に終わりました。
ありがとうございました。

おつかれさま~。 - マッドハッター

2011/01/26 (Wed) 18:49:31

お疲れ様でした^^
皆さん恙なくお元気でおられましたか?

私は今年になってからいささか体調がよろしくないです。
風邪が治りきっていないのか、年末ひどく頭を打ち付けたので、そのせいか??
お酒を飲むと気分が悪くなります(笑)
なんてこった!

また何かある時は声かけてください。

あまりにも… - マッドハッター

2010/11/19 (Fri) 22:01:50

あまりにもHPが更新できないので、奥の手を使うことにしました…
ブログを別に一個立ち上げました><

以前ブログやっていて使いにくかったのだけれど、読書レビューとかはブログの方が作りやすそうだ…
このBBSもとりあえず閉鎖するつもりはありませんが、日記はブログの方に書くことが多くなると思います…

以下ブログURLです。
http://preservationpotblog.blog137.fc2.com/
よろしければたまには見てやって下さい^^

ルンケ!ルンケ! - @2c

2010/11/19 (Fri) 20:57:38

やりたいですねえ〜
マスターは私ごときでは無理そうですが(笑)

日本では展開止まってしまったのが残念ですね。

Re: ルンケ!ルンケ! - マッドハッター

2010/11/19 (Fri) 22:12:34

>マスターは私ごときでは無理そうですが(笑)
いやいや、ここは若い力でなんとか!(笑)なんてね^^

シナリオはグローランサ背景で考えているんだけど、ジェナーテラブックと神名録読み直すのしんどいなぁ…ちゅーか時間がね><

日本でも是非フォロー続けて欲しいものですが、現状無理っぽいですなぁ。
グローランサ背景のトレカゲームでも流行れば見直されるかもね~(笑)

某古本屋にて - @2c

2010/11/16 (Tue) 04:36:44

どもです~。
本日某巨大古本屋で本を物色してた所、なんと「グローランサ」「RQ上級ルール」「モンスターコロシアム」の日本語ボックス版が各3500円で放出(笑)
古本屋通いも結構長いですが、こんなの初めて見ました。
持ってなかったモンコロだけ購入しましたが、全部ゲトしといたほうがよかったかなあとw

ともあれこれでルンケは日本語版が揃いました。一番プレイ再開したいTRPGではございます。

うわ… - マッドハッター

2010/11/16 (Tue) 21:15:01

3500円はめちゃ安ですね~。
一時某イエサブで日本語版フルセット120000円で売ってたなぁ…
ルンクエも新版出てるみたいでルールの一部を訳してるサイトとかありますね。
APPが無くなってカリスマになってたよ(笑)
新版になってもデータは使えるしモンスターコロシアムはかしこい選択かもね~。
↓で書いたボイスチャット、ルンクエかクトゥルフでやりましょ、って翼氏とは話してたんですよ。
現在なんとなくシナリオっぽい物を考え中…
しかし、12月になったらまたちょっと忙しくなるなぁ。うーむ。

しかし本棚の整理のなってない本屋だな~。「私のドールハウス」やら、折り紙の本と一緒の棚か…うぬぬ。

お久しぶりでつ - @2c

2010/11/09 (Tue) 18:06:42

どもお疲れ様です〜。
ヤマトと言えば自分的には波動砲と遊星爆弾と鼻に刺さりそうなガミラスワインです(笑)特に遊星爆弾はテッテ的な無力感と敗北感が子供心に感じました。

ボードゲームも新作続きで、数年前では考えられない嬉しい悲鳴ですね。しかしこうなると、ちょっと下火のTRPGに注力したくなるヒネ者の私です(笑)
ではでは〜

Re: お久しぶりでつ - マッドハッター

2010/11/10 (Wed) 00:28:23

@2C氏ども^^

ガミラスワイン…たしかにそうですね(笑)
鼻どころか角度によっては眼球突き刺しそうで怖い…
先端恐怖症の方にはおすすめできないワイングラスでしたねぇ~。

化夢氏の所の書き込みを見ると、@2C氏は結構ゲームやってるみたいですね、うらやましい。
実家に帰ってからは一緒にプレイする相手がいなくてね~><
時々GBAの「ヒカルの碁」に囲碁の相手をしてもらったりはしてますが^^囲碁は化夢氏に薦められてやってみたんだけど面白いもんですね~。
ヨワヨワで互い戦ではまだヒカルに勝てないですが><

TRPG、ちょっと前に翼氏にボイスチャットでやってみない?と誘われてたんですよ。その時から三ヶ月ばかりすごく忙しくてそれっきりになってしまってます。
よかったらやりましょう!
マスターは君だ!(笑)

いろんなことがあった…風呂敷って偉大だ - マッドハッター

2010/11/08 (Mon) 21:44:17

まず昨夜のこと。
ウィキペディア内の記事を辿って辿ってしていたら、何故か「宇宙戦艦ヤマト」プロデューサー西崎義展氏のカテゴリに行き着いた。
そしてびっくり!
カテゴリ冒頭に「この項目は亡くなったばかりの人物について扱っています。」などと書いてあるのだった。
あれ~、いつ亡くなったんだろう?と記事を見ていくと…なんと昨日、つまり亡くなられた当日に偶然にも西崎氏のカテゴリをたまたま見ていたのだった。
…なにかの呪い?(笑)
テレビ第一シリーズの「ヤマト」はリアルタイムで観ていたりする。それなりにファンだった、というか中学生の時はファンクラブにも入ってたっけ…
作品の内容、特に犠牲になって死ぬことへの美化や、いささか鼻につく日本人民族主義(ヤマトクルーの全てが日本人だったり、「ヤマト」自体が二次大戦時の戦艦大和の姿に酷似していたり。勿論作品内世界の状況を鑑みれば極端に不自然ではないのだけれど)、精神主義など、今となってみれば問題点も多くあるかとは思うが、商業アニメーション界においての後世への影響は計り知れない。
プロデューサーであり著作権者でもある西崎氏はプライベートでの様々な問題も抱えていたようではあるが、日本の文化に強く影響を残した人物とはいえるのだろう(多分)。
とりあえずご冥福を(南無)

今日のこと。
商品の配達に行こうと思ったが、荷物が上手くバッグに収まらない。
で、母親が四次元ポケットから取り出したのは「風呂敷」だった。
なんてこと無く風呂敷に収納。
帰りは荷物が減っていたが、風呂敷はやはりその荷物にぴったりフィット!
風呂敷って偉大だ。軽いし。日本人の発明??なんだろうか?
布に物をくるんで運ぶ、なんていうのは普遍的にどの文化でもありそうだけど…いや~便利だ。いつも持ち歩こうかな~。

夕方。
電話がかかってきたので受話器を取る。
と…
録音音声が語り始めた!こんなのは初めてだ。
どうやら地デジに関するアンケートのようだ。
この電話で取得した情報は他の用途に使用することはない、とかなんとか言い始めたところで受話器を置きました。
行政関係…なのだろうと思うがはっきり名前は覚えていない。聞き直そうにも相手は録音音声なのだ!
…誰のアイデアだろう?こんなアンケートにまともに応える人がいるんだろうか??
ただでさえ仕事中に営業電話なぞがかかってくるのは鬱陶しいというのに…
それが営業電話でも私は一応相手の話は聞く。それは相手も生きた人間であり、仕事で電話していることを理解しているからだ。悪質だと思える営業電話でも問答無用で電話を切ったりはしない。
しかし…録音音声!
電話というのは受ける側の都合はお構いなしでかかってくるものだ。
仕事中だろうが、寝ていようが、料理中であろうが、食事中であろうが、入浴中であろうが、歯磨き中であろうが、かかってくる。
無論電話を契約した人はそれを承知で電話をひいているわけだが、それは上記のような状態でも大事な仕事の連絡や、大事な親族や友人からの電話、を取り逃さないためである。
アンケートに答えるためではない。
一体何をどう考えて、こんな録音音声のアンケート電話なんて考えついたんだろう?
人件費削減とかを標榜するお役所仕事か、悪徳名簿会社の浅知恵?
おそらく電話を切らなかったら、プッシュトーンによるアンケートを要請されたのだと思うが、多少でも人に労力と時間を割いて欲しければ最低限の誠意と礼儀はわきまえておいて欲しいのだ。

あ~、愚痴を書いたらすっきりした^^

電話の正体 - マッドハッター

2010/11/08 (Mon) 22:25:54

電話はどうやらこれらしい…

http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1286149631132&SiteID=0

やはり行政…総務省か~。

「マイナス・ゼロ」 - マッドハッター

2010/11/07 (Sun) 17:10:37

先日の「1928年のタイムトラベラー」ニュースに触発されたのか、何故か猛烈にタイムトラベルSFが読みたくなってしまった。
一昨日図書館に立ち寄った際、「アレあるかな?」と思って蔵書検索してみたら…ありました!「マイナス・ゼロ」!!

「マイナス・ゼロ」は広瀬正著作によるタイムトラベル小説。図書館にあったのは1975年初版、河出書房版である。
実はこの作品、国産タイムトラベル小説では現在でも不動のベスト1!との呼び声も高い作品なのだった。直木賞にもノミネートされていたそうだ。
人によってはかのハインライン作「夏への扉」よりも名作だと評価している!
「夏への扉」はSFファンによるタイムトラベル物作品投票などで今でも上位に顔を出す作品だ。
それよりも面白いタイムトラベル小説??

評判はかねがね聞いていたのだが、私は読んだことがなかったのだった。
実はSFに限らずだが、小説に関しては私はほとんど日本作家の作品を読まない人なのだ(汗)

海外のタイムトラベル小説もそれほど沢山読んでいるわけではないが、基本は押さえている…つもりである。
「夏への扉」をはじめとしてポール・アンダースンのタイムパトロールシリーズ、トゥエインの「アーサー王宮廷のヤンキー」、ネイサンの「ジェニーの肖像」、フィニィ「愛の手紙」(←最後の二つはタイムトラベル物というより時間テーマSFかな?)
…あぁ、今思い出した。ウェルズの元祖「タイムマシン」読んでないや(汗)ストーリー知っていて読む気になれなかったり…

と、いうわけで図書館で借りる。
閉架蔵書だったので司書さんにお願いして書庫から取り出して貰ったのだ。古い本の為か既にカバーは無くなっていた。
ページには殆どいたみはない。…借りる人少なかったんだな…

舞台は昭和20年の東京から始まる。
主人公は14歳の少年浜田敏夫。三歳年上の隣家の娘伊沢啓子に淡い恋心を抱いている。空襲で伊沢家は被災。敏夫が駆けつけると啓子の父親はすでに致命傷を負っていた。
彼は最後の息で18年後の今日、同じ時間にこの場所に来てくれ、と敏夫に頼むのだった。
空襲の後、啓子は行方不明のまま18年が過ぎる。
昭和38年。新進電機会社のエリート部長を務める32歳になった敏夫は、伊沢氏との約束を果たすべく現在では持ち主が変わってしまっている、元の伊沢邸へ訪れる…

タイムトラベル小説と知った上で読むのだから「あぁ、これは何かの伏線だな」などとついつい邪推しながら読んでしまう。そのいくつかは、というか大半は予想通り伏線だったのだが、それはこの作品を楽しむ上でさして支障にはならなかった。
文句なく面白い!
最終章で実に意外な人物からタイムトラベルに関する洞察があり、その意外さと語られる内容に鳥肌が立ったほどである。

こんなにゾクゾクするほどの読書体験を与えてくれた小説というのは…ここ五年ぐらいで思い出せるのはギャリコの「ジェニー」とタニス・リーの「バイティング・ザ・サン」ぐらいである。
何れにも共通しているのは登場人物の詳細な心理描写と、巧みな構成、そして全ての伏線が物語の最後に集約し、盛り上げる最終章、そして読者をあっと言わせるアイデアだろうか?
何処か悲しげで切ないストーリーというのも共通してるな~。
こういう話が好きなんだろうな、きっと(笑)

もっと若いときに読んでおきたかった。
広瀬正の「T型フォード殺人事件」も一緒に借りてきたのでこちらも楽しみだ^^

ちょっとだけネタバレかもしれないが… - マッドハッター

2010/11/07 (Sun) 17:51:52

おそらく「夏への扉」を意識して書かれた作品だろうと思う。しかし読後感は大きく異なる。
「夏への扉」では全てが丸く収まるハッピーエンド、で心が晴れ晴れするような気分になったものだが、「マイナス・ゼロ」では…以下略。
またハウトマンの「時の扉を開けて」とやや筋立てが似ている。発刊されたのは「時の扉を開けて」の方が後年(1996年)。「マイナス・ゼロ」は2008年に集英社から復刊されるまで絶版状態だったようなので、おそらく翻訳もされていないと思われる。盗作、ってことはないと思うが、ハウトマンがレビューや抄訳を読んでイメージを借りてきた可能性はあるかな?
勿論これはハウトマンが日本語に堪能でない、という前提なのだけれども(笑)
「時の扉を開けて」も面白かったが…ものすごく重苦しい話だった…><よってあまり人にはお勧めできない。

考えてみれば日本のタイムトラベル小説もそれなりに読んでいる事に気付いた。筒井康隆の「時を掛ける少女」半村良「戦国自衛隊」光瀬龍「夕ばえ作戦」豊田有恒「時間砲計画」…ほとんどがジュブナイルだ…最近の作品はやはり読んでいない…
あとは…藤子F不二雄の「TP(タイムパトロール)ぼん」や時間テーマの短編漫画ぐらいか??
おぉ、そういえば「ドラえもん」も時間SFだった!(笑)
ジュブナイルと言えば映画の「ジュブナイル」も面白かったなぁ。ネットで流布された「ドラえもん」最終回のプロットがアイデアの元になっている、というのは実は最近知ったのだった…(汗)
時間テーマ作品というのはパラドックスが起きないよう構成する必要があり、製作には大変な労力を強いられるのだろうと思う。
でもそれがうまくいくと素晴らしい感動をも生み出せるんだろうな~。
実にミーハーだが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」もかなり好きだったりするのだった(笑)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.